左右脳の使い方を知ると実現化パワーが増大する

しくみを知らずに引き寄せの法則を使ってはいけない!


私たちの夢や思いを実現させる!
それは『引き寄せの法則』という表現でここ最近までよく言われてきたものです。この概念は、2000年あたりから米国で燃焼し始め、それから何年かして日本に上陸したのではないかと思います。

これは特に新しい発見という訳ではないのです。
私たちは、日々の生活の中で、似たようなことをたくさん経験しています。
「あ〜、イヤだ」って思ってたら、お腹が痛くなっちゃった、とか
起こらないで欲しいなぁ…ということに限って、起こってしまったりとか。

私は中学生のとき、あるネガテイブな自分の考えがそのまま目の前に現れたのを見て、恐れを抱き、「これからは決して悪い事を想像したりしない!」と自分に言い聞かせたのでした。
それからというもの、よく大人達が言うような…「そんな事するとバチがあたるから」、などの脅し文句のたぐいも「そう信じなければいいのだ」という信念でことごとく無視してきました。それが果たして私の人格形成上、良かったかどうかは別として、私があまり周囲の動向やその渦に巻き込まれずに、ノーテンキにこれた理由かな?とも思っているのです。

これは私が若い時に気がついた、一種の『引き寄せの法則』なのだと思います。まあこんなふうに、それぞれのやり方で、私たちは既に、引き寄せの法則を実行していたのではないかと思うのです。
ただそれは、ある面やみくもで、そのしくみを理解出来ていたわけではないのでしょう。
そのため、私たちはそれを、どちらかというとネガテイブな方向に使っていたことの方が多いのです。
それを事を分けて説明し、このしくみが宇宙の法則のようにあらゆるところで働いているのだと伝えているのが、今言われる『引き寄せの法則』です。

私が大人になって、そのしくみについての知恵に最初に触れたのは、ナポレオン・ヒルの「成功哲学」という本だったと思います。
アメリカ旅行に行ったとき知人に会い、そこに居合わせた留学中の日本人男性が、その教義にハマっているといい、興味を持ったのでさっそく本を探してみたのです。

その頃、やたらにそうした類の本に関心が向き、他にもいろいろなものを読んでいましたが、私のお気に入りはジョセフ・マーフィーの「眠りながら成功する」という本でした。(原題は「The Power of Your Subconscious Mind」~潜在意識の力~)
これを書いたのが牧師さんのせいか、私の心に響くような内容が多かったからです。(最近は「マーフィーの法則」という形になっていると思います。)

とにかく、何か面白そうな事だと、直ぐに実践してみたくなる性分です。
「プリンに醤油をかけて目を瞑って食べるとウニのようだよ」とか聞いてしまうと、もう居てもたっても居られなくなりプリンを買いに出かけてしまうというような、私には厄介なクセがあるのです。(これはどちらかというとB型的性質なんですけどね)

それで、もちろん、これについても実践したのは言うまでもありません。
そして、なるほど、面白いくらいに物事が実現していくさまに、感動したり驚いたりしたのでした。
ところが実践していく中で、次のようなことに身をもって気づかされ、これはものすご~く、慎重に扱うべきだということを理解したのです。
  • この法則は真実の法則であるということ
  • 使い方を間違えると自分でも思わぬ方向へ物事が進むということ
  • 実現することとしないことがあるということ
私は、自分がまだこの原理を本当には理解していないという愚かさに気づき、この法則を安易に使うのを一旦やめたのでした。
だって、もしも100%完璧に使いこなすことが出来る人が居たとしたら、地をも揺るがすことが出来てしまうのですよ?
それはまあ、モーゼやイエスのような人は、地上には滅多に現れないのでしょうが…。

血液型の脳特性を知って思考をコントロールする

けれどとにかく、まずは”しくみ”を知ることは大切だということです。
この法則の原理は、まだ私たち人間の科学では理解しきれていない神秘的な部分もあります。何しろ、”宇宙の法則”なわけだから。
けれどここでは、とりあえずこの物質界において理解できる部分に焦点をあてて、いくつかのポイントを挙げてみますと、こんな感じではないかと思います。
  • 思考に迷いがあってはいけない
  • 明確に詳細まで思い描けるような内容である方がよい
  • ある程度自己中にならなければならない
  • 感情、思考、行動が一致していなければならない
  • このしくみを信じきっていなければならない
本来ヒトに備わっている能力なので、誰でも使えるし既に使ってもいるのです。
ところが意識的に使おうとした時には、知識と訓練が多少なりとも必要です。自転車に乗ったり泳ぎを覚えたりするのに似たようなところがあります。
4番目と5番目のあたりは重要なポイントで、知識と訓練が必要なのはこの辺りです。
私たちは無意識に、「感情ー思考ー行動」の不一致を平気で行っているのです。
なので、ここを修正したり、コントロールしたりする必要があります。
それから、5番目の「信じきる」ということは大前提となる部分でもあります。
この「信じる」ということに関しても、私たちの多くは正しく理解していないところがあり、間違った信念を持っていることが多いのです。

さてそこで、少し前の記事で血液型と脳機能の関係について紹介したのですが、自分の血液型による特性を理解することで、これら思考のコントロールを効果的に行いましょうということなのです。
そしてまた、信念体系においても、血液型による傾向から修正改善を手助けすることができます。
ひとつには右脳と左脳の使い方を知ること、もうひとつには自分の思考の癖や信念体系を見直すことがエクササイズのポイントとなのですが、たとえば、右脳左脳に関しては一見すると右脳タイプが有利なのか?と思い違いする人が多いです。
ところがそういうわけでもないのです。
両脳を適切に使うことが必要です。

誰でも備わっている能力とは書きましたが、得意不得意はあります。
理論理屈なんか知らなくても、スイスイ〜とやれてしまう人もいます。
とはいえこの法則、しくみは至ってシンプルなのですが、奥は深いのです。

ブログ記事では具体的なところまで説明しきれませんし、口でいうほど簡単でない部分もありますが、血液型の脳特性が分かってきたことで、自分の思考の癖を理解しやすくなり、引き寄せの法則なんかにも応用することができるというわけです。

いずれにしても、血液型についても、引き寄せの法則についても、しっかり理解して活用する方がいいのです。
どちらも使い方を間違えると、いいことないので。
本当に使える人に使って欲しいと思います。
それには、まず、真実を理解し、心をしっかり整えてから実践して欲しいのです。