投稿

ラベル(A型)が付いた投稿を表示しています

平昌オリンピックを血液型であれこれ~スピードスケート

イメージ
A型のホントの強さを見せてくれた小平選手に拍手 オリンピックなどの世界大会で日本人が表彰台に上るとき、いつも思うことがあります。 たぶん、同じ日本人は、みんな感じていると思うのです。
「小さいんだな」
1992年、オリンピックの申し子と呼ばれた橋本聖子(B型)さんが、スピードスケートで、冬季オリンピック日本人女子初の銅メダルを獲得しました。彼女は東京オリンピック開催の数日前に産まれたことで聖子と名付けられたそうですが、その期待どおりにメダルを手にしたのです。娘が表彰台に上る姿に、それは感極まったであろう名付け親のお父上ですが、その時ふと漏らした言葉も、「小さいんだな」だったそうなのです。

日本人が海外勢の、特にスポーツ大国である米国や欧州の選手たちと共にメダルを掲げるとき、まさまざと、その体の大きさの違いを見せつけられます。
「この人たちに勝てたんだ!」
そして改めて思うのです。ここに立った選手たちは、本当に凄い選手たちだと。

今大会の平昌オリンピックでも、同じようなシーンを幾度となく見ることが出来ました。いや、今回は、あの時からとてつもなくパワーアップして、スピードスケートだけでも500mの金、1500mの銅、1000mでは2人並んで銀と銅。その上、団体パシュートの金!
表彰台を日本勢が占領してしまいまいた。 「小さいのに凄いよ、まったく!」

今回はそのヒロインのひとり、小平奈緒選手に注目したいと思います。 小平選手は、試合前のどのインタビューを見ても、何にも動じない平静さが常にありました。リキんでもいないし、気負ってもいない。高揚もしていない。 「この選手はやり遂げるかも」 実は私、普段テレビを観ないし、話題のニュースを取得するのも苦手なので、今回のオリンピックについてもあまり知らなかったのです。しかし、たまたまつけたTVでインタビューを受けている小平選手を見た瞬間、思わず見入ってしまい、私の直感がそうつぶやきしました。そしてこの落ち着き、この平静さ、この、芯が一本通ったようなこの感じ…。A型に違いない…と。そして急いで調べてみると、やはりA型とありました。A型と知って、私は益々、興味深々になったのです。
彼女の最初の種目は1500m、6位入賞。そして1000mでは銀メダルを獲得。2つの競技を終えたインタビューでも、小平選手は始終落ち着いています。実に平静で、平常心なのです。むし…

赤穂浪士、大石内蔵助の血液型は何型か?

イメージ
大石内蔵助の血液型は?俳優さんの演技で予測してみる
赤穂浪士といえば年の暮れの話題。年明け早々の記事としては、少々季節外れになってしまうのですが、昨年末にたまたま再放送や昔のビデオを観る機会があり、大石内蔵助の血液型が気になったのです。

血液型が判明していない人物について、血液型をあれこれ予測分析するのが得意でないので、当ててやろうなんて気概は全くないのですが、そういえば、大石内蔵助はいろいろな俳優さんが演じているんだなと思い、俳優さんの血液型の違いで、演じ方も違うんだろうなと思ったわけです。

「赤穂浪士」「忠臣蔵」をテーマにした作品は、数えきれないほどあります。
”忠臣蔵を愛してやまない”という漫画家・もりいくすおさんが、ファンサイトを作って下さっているので参考にさせて頂いたのですが、最近の作品はコミカルなものやパロディっぽいものも多いようです。
以前は、「師走といえば”忠臣蔵”!」「今度は嫌われ役の吉良を誰が演じるか!?」なんてことが話題になったものですが、21世紀になった頃から、あまり聞きませんね。
さすがにもう、時代遅れなんでしょうね。
ここではとりあえず、オーソドックスな作品に出演している大石内蔵助役を書き出してみました。

中村勘三郎(O)
三船敏郎(O)
北大子欣也(A)
松方弘樹(A)
里見浩太郎(A)
宇津井健(A)
萬屋錦之助(A)
長谷川一夫(A)
高倉健(B)
平幹二朗(B)
松本幸四郎 九代目(B)
高橋英樹(B)
緒形拳(B)
山村聰(A?AB?)

すると、どうやらA型が多いんですね。
「忠義の為に!」というのがテーマとなると、やはりA型が適役なのか、という気もしてきます。
しかし案外、B型の役者さんも多いんですね。
O型は意外に少なくて、AB型に至っては居ないのかもと思いきや、山村聰さんが、あるいはAB型かもしれません。(WikipediaではAB型となっています)

私はもちろん、リストにあげた俳優さんが出演している作品全部を観たわけではないのですが、彼らが演じる大石内蔵助がどんな感じかを想像してみることにします。

主君の仇を討つという忠義と悲壮感を演じるとしたら、やはりA型の右に出る者はないかもしれません。
そして武士としての所作や家老の貫禄を、いかにもカッコ良く決めるのも、A型の得意とするところ。
中でも私が、その演技にいたく感動し…

O型になりたいA型が、こんなにも多いその理由

イメージ
A型の人は、なぜに他の血液型になりたがるのか?
最近開催しているワークショップやサロンなどでも度々テーマにしていたのですが、ずいぶん前からいろんなところで「生まれ変わったら何型になりたい?」というアンケートを取り続けています。
その回答結果で、いつも興味深いところは、「A型さんは他の血液型になりたい率が高い」というものです。
それはもう、本当に、第一にはA型の人々の向上心の表れとしかいいようがないのですが、別の側面から分析するなら、A型の性質が完璧主義的な故、足りない部分に焦点を合わせやすいということも挙げられるでしょうし、その完璧主義的性質のあまり、自分自身に疲れ果て、もうA型は懲り懲りと思う場合もあるでしょうし、あるいは案外、どの血液型よりも人に対する好奇心が最も旺盛なのかもしれない、などと、いろいろ考察できるわけなのです。
中でも更に興味深いのは、A型の人が自分以外の血液型を回答する場合、B型と答える人が最も多くなることです。 A型にとってB型というのは、全くもって対照的な性質を持っている相手なのです。 それを見て私は、益々、「A型の人たちって、本当に向上心が強いのだなあ」と、感心してしまうのです。
だって、じゃあもう一方のB型さんの方はどうかというと、A型と回答する人は一番少ないのですよ。 これじゃあまるで、A型の片思い?のようにも思えてしまう結果なのです。 まあこれは、こうしたところにさえ、A型とB型の対照性というのは表れているのだ、という、不思議さでもあるのですが、このA型とB型の興味深い相性関係については話しが深くなりすぎるので、ここではこれ以上触れないことにします。 とにかくA型の人々が、(他の血液型の人に比べて)別の血液型になりたがっている人が多いというのは、事実として言えることだと思います。
A型はB型に憧れるのに、実生活ではO型を目指すホントの理由とは? それで引き続き、いろいろなところで話を聞いてみますと、なるほどと思うような別の事実があります。 あるB型の研究員メンバーと雑談していたら、彼がこんなことを言い出しました。 「友人のA型が、”オレをA型と言うな~オレはO型を目指しているんだ~!”と張り切ってますけどね。ボクのようになりたいというA型には、未だに会ったことがないですけどねえ(笑)」
これはまあ、笑い話のひとつなわけですが、確か…

A型くんってテレ屋さん?

おきみの子育てノート(過去ブログ)

新学期が始まって2週間が過ぎました。
子供も新しいクラスに慣れ、最近は良く友達を家に連れて来ます。

O型やA型の子供だと、毎回同じ友達と遊ぶ事が多いみたいですが
AB型の息子は特定の友達と遊ぶというより、その日遊べるお友達と
遊ぶということのようで、毎回違うお友達が遊びに来ます

誘われたお友達も家に来て初めて今日一緒に遊ぶ友達を知る
なんてこともしばしばのようなんです。

で、この前…
A型のお友達がちょっとみんなより遅れて来ました。
「おじゃましま~す」と元気に入ってきたと思ったらじっと立ったままだったんです。

私がどうしたの?と尋ねると
「ボク、T君と今日喧嘩したんだ、いるの知ってたら今日来なかったのに… 」
と言うんです。

「そっか、なら仲直りする良いチャンスじゃない」と私が言うと
「う~ん、でもボク悪くないんだもん 」

そんな会話をしていたら、A型君と喧嘩したT君が何もなかったように・・・
「お~遅かったじゃん、一緒にやろうよ」と声をかけたんです。

T君はB型です。
喧嘩したことなどまるでなかったよう…
その態度にA型君がちょっとムッとしたようですが
他の友達にも誘われたのでしぶしぶ部屋に入って行きました。

そのうちに、みんなの楽しそうな声が聞こえてきました。
しばらくしておやつの時間になったので持っていくと
A型君とB型君が仲良く遊んでいるんです。
とっても良い笑顔!

ところが私の視線を感じたのか、こちらをチラッと見たとたん
A型君がじゃれあっているのを止めてしまいました。

喧嘩したことを私にさっき話したかた気まずかったのかしら?
そういえば以前にも、他のA型君だったけど
私が部屋に入ったりすると今まで元気にふざけていたのに、ピタッと止めてしまってたなぁ
中には急に正座した子もいたような・・・

これはA型ならではの行動なのでしょうかねぇ

ちなみにB型君は、悪さをしている時に私が入っても関係なく悪さを続けていますね。
O型君はというと、まず真っ先に私に寄ってきますねぇ。人懐っこいですよね。

Wサッカー日本代表(血液型構成)

サッカーワールドカップまで、あと3日となりました。 先日、女性自身(光文社/6.24号,P179)さんから取材を受けたので、記事の内容にちょっとだけ補足しておこうと思います。
巷では、「今回の選手にB型が少ないのでは?」と言われているそうですが たしかに数字で表すと、【O型34%、A型39%、B型13%、AB型13%】となり 記事にもそのように書いて下さいましたが、チームワークを重視する時には、どうしてもB型が少なめになります。
ザッケローニ監督の性質や発言を聞いていると、日本チームの良さを引き出すにはチームワークだということを、少なからず考えているだろうと、私は想像します。
だとすれば、B型の少なさは問題ではないし、そもそも 大舞台に強いB型は、他のタイプの2~3倍パワーがあると思って良い。 ただし、技能と肝っ玉に特に優れたB型をキーマンに置いておくことは案外重要ではあります。 柿谷選手がそういう活躍をしてくれるとイイのですが。
それで尚、B型の少なさがチームにマイナスな影響を与えることがあるとすると。 O型の元気が少し抑えられる可能性があるということです。 O型とB型が組むことで、チームに勢いというか活気が強まるのです。
一方、O型はA型と組むと、少々パワーが押さえられぎみに向かう可能性はあります。
サッカーについては私自身が勉強不足で 選手一人一人のキャラクターについてあまり言えなくて申し訳ないです。

[日本代表メンバーの血液型] GK川島永嗣O型西川周作AB型権田修一A型DF今野泰幸A型伊野波雅彦B型長友佑都O型森重真人A型内田篤人O型吉田麻也O型MF酒井宏樹A型酒井高徳A型遠藤保仁

さすがB型、斬新なご意見です

ある日の午後... A型(男女)2人と、B型(男女)2人と、私AB型が、雑談していたときのこと
A型男性が、ネットの話題をみんなになげかけてきました>> 「小学校一年生の担任教師が自分の子どもの入学式を理由に
自分の学校の入学式を欠席父兄が激怒...とあるけど、どう思う?」
さて、みんなの反応は?
===== A型女子>> 「それってさ、あとあとまでしこりが残るよね。
生徒の信頼無くしちゃうんじゃない?」
(私の心の声...) おお、さすかA型さん! まだ成人式終えたばかりの若さというのにねえ
そういうあとあとのことを考えたり、先を見通したり、それがA型さんの緻密さですよね
するとB型の女子が...>> 「っていうかさあ、最初から分かってたことなんだから
校長に相談するとか、なんか対応策なかったのかな?」
(私の心の声) ふう〜ん、なるほどね、やっぱりB型さん...切り口が違うよね〜
で、つい突っ込みたくなった私>> 「.....でも、対応策って!?」
B型女子>> 「入学式をズラしてもらうとかさあ」
(私の心の声) おお!斬新な意見だわ。 他の血液型では考えつかない発想ですよね まさか自分の都合の為に式典の日程変更してくれるなんて、思いもよらないです ああ、でもこの、あり得ないB型の発想が、世の中に新しいことを産むんですよね
貴重だわ、素晴らしい!
A型男子>> 「じゃあ、市川さんならどうする?」
ああ、ハイハイ、聞いてるだけじゃなくて答えろよ、ですよね
「そーねー。私は仕事を優先するだろうなあ。
...ああ、でもねえ、子どものためにどうしても必要ならそっちに行くかもね
うーん、その時の状況によるな」
(私の心の声) ...自分でいうのもなんだけど、これまたAB型らしい
いかにも優等生的な、どっちつかずの、つまらん回答ですなあ
A型男子>> 「ふうん、そうかあ、、、で、この問題って、重要かなあ?」
女子3人>> 「重要じゃないでしょ」 「どっちでもいいでしょ」 「ところで何でそんなこと言い出したの?」
A型男子>> 「いや、ネットが回答求めてんの」 B型女子>> 「回答すると何かもらえるの?」 A型男子>> 「いや、分からないけど、…

A型さんにカーナビはいらない

おきみのノート(過去ブログ)
この前、○○ビルに行く時に道に自信がなくて、先生に聞いたら地図を書いてくれました。
この地図が見事に細かいところまで目印が書いてあって
曲がり角のビルの色やコンビニの名前、路地の幾つ目など・・・
方向音痴の私でも一発で到着しました。
帰って先生に「詳しく書いて貰ったので、迷わず行けました」と言ったら、 先生が「僕も一度しか行ってないから心配だったんだ」と一言! え~~一回しか行ってなくてこの地図ですか?さすが~これってA型さんの凄さなのかな?
私の主人も(一応1人だけおきみにも居る)A型なんだけど、やっぱり地図を書いてもらったら、信号の幾つ目から路地の幾つ目、家の屋根の色まで細かく書いてくれます。
一緒に一度行っただけなんだけど…?
隣に乗っていても、キョロキョロしてる素振りは無いんだけど…?
私と見えてる範囲が違うのかい!?って思うくらい。
O型も映像記憶が得意だから、一度行ったところは覚えていたりするんだけど A型のような細かい指示は書いて貰えないですねぇ  特に目的地近くは大ざっぱになります。
「ここまでくれば判るだろ!」ってことか?
それが判らないのが、AB型? ん?私だけ???
私の場合、目的地まで行けても帰りビルから出たら?どっち?
状態になってしまうのでA型さんの親切な地図がありがたい。
AB型の私には、一度来ただけで判るのだけでもスゴイ!って思うのに
地図まで細かに書ける…これは天才的だと思ってしまう
この前主人が、カーナビが欲しいって言ってきた。
自分の頭がカーナビでしょ!いりまっせーん!!」と一喝!!

A型の律儀さに敬服

[過去の記事]by ichikawa 
秋の始まる物悲しい気分の頃、中国の友人からメールを受け取って、すっかり感じ入ってしまいまいました。
彼女は北京に住むA型さんです。
本職はカメラマンですが、日本と中国を行ったり来たりしながら新規ビジネスのルートを作って活動しています。
4ヶ月程前、彼女が日本に来たのを知って連絡を取ってみると、日本の“お父さん”が倒れて駆けつけたというのです。
中国人が日本に長期滞在するには、日本人の身元保証人が居ないといけない。
そして中国人は、その方たちを日本のお父さん、お母さんと呼んでいます。

とはいえ、同情しながらも、少しぐらいなら会う時間を作ってくれるだろう、彼女に何度か連絡を入れました。
しかし彼女はきっぱり言うのです。
「お父さんは危篤状態でいつどうなるか分からないのです。今は、とても会う余裕がありません」
医者からはもう回復の見込みがないと告げられ、しかし、お父さんは苦しみながらも頑張って生きている。彼女は、いつ逝ってしまうか分からないお父さんに会いに、毎日欠かさず病院に通っているそうです。
それから4ヶ月が経った今、あれからどうしたかとメールを入れてみました。
すると、今もまだ、毎日病院に通う日々が続いていると言うではありませんか!
「もう、120日以上通っています。他の家族は(つまり本当の血族ですよね)皆だんだん来なくなったけど、私にはお世話になった恩人に対してそれができません。私には、信念があります」


なんという…A型の信念と頑張りか。
実は、とても似たような話しがつい最近ありました。
これは、私にとって非常に辛い出来事でした。


私たち研究センターが、もう10年近くも韓国のとある出版社と、血液型人間学を韓国に広めるために協力し合っていることは、お伝えしてきました。
その出版社には、私たちの研究に心から賛同してくれて、私とはお互いに“同志”として、深く友情を温めてきたA型の室長さんがいました。
「このプロジェクトが成功したら、2人でマッコリを飲み明かしましょう」
「その日が楽しみです。それまで、私は毎日お寺にお参りに行きます」
会う度に、涙ながらの契りを交わしたチングです。

しかし数ヶ月前にソウルに行ってみると、社長(B型)が気重そうに私に言います。

「室長は辞めました」
「・・・えっ?」

理由は、彼女のお母さんが、脳梗塞で倒れたからだというのです。
半身不随になってしまっ…

キャッチフレーズ

(過去の記事)
能見正比古氏の一番弟子だったのはMr.アンディというAB型のアメリカ人です。 彼が、それぞれの血液型にキャッチフレーズをつけてくれたことがあります。 走り書きのメモが見つかったので、ちょっとご紹介 !
●O型さん  Primordial [プライモジュアル] 最初の、根本的な、という意味です。 O型というのは、本当に人間の“根本”あるいは、“基”になる気質がストレートに備わっているようなのです。 血液型人間学を考える時も、まずO型を最初に見るようにしてみると、人間の行動の本質をとらえることができます。
●A型さん   Advance with Anchor [アドバンス・ウィズ・アンカー] 錨を備えて前進する人、、、とでも訳すのかな? A型の、殻を打ち破って前へ進もうとする気持と、それを制御する錨との綱引き、緊張感、あるいは、ジリジリと前進する、静かなる進軍という感じを表しているのでしょう。
●B型さん   De’ racine [デラシネ] なぜかB型だけフランス語になっていますね。 でも、『根なし草=デラシネ』という表現が、最もB型らしいのかもしれません。
●AB型さん   Angel and Beast [エンジェル・アンド・ビースト] そのまま訳してしまうと、天使と野獣になってしまうのですが、となりにDevil とも書いてあるので、きっと天使と悪魔という感じを表現しようと思ったのでしょう。ビーストも使い方によっては、『意地悪な人ね!』というような雰囲気で使うこともあるみたいなので、フレーズからしても、Angel and Beast の方がいいですね。 AB型の二面性を表現しています。
二面性というと「二重人格」と同一に思ってしまうことがありますが、深くは異なります。
詳細は能見正比古の本

は、悪魔と天使が共存しているようなところがあります。 社会的舞台の上でお付き合いをしているには、ほとんどはエンジェル側の面を見せるでしょうから、気づかれないことが多いかもしれません。しかし、ちょっと親しくなると、小悪魔ぶりをチラチラ見せることになるんです。 と、言っても、それほど恐れる悪魔ではありませんよね。AB型さんは、根は平和主義。ただ、普段が、それはそれは、ソツなく相手に合わせ、にこやかだから、その落差に周囲は驚く、ということだと思います。
さて、皆さんも、面白いキャッチフレーズを思いついたら…

A型 赤塚不二夫さんを偲んで

ギャグ漫画の草分け、赤塚不二夫さんが亡くなられました。
1998年の食道ガンに始まり、その後は脳内出血で倒れるなど、長いあいだ闘病生活を送られていたそう。
そんな最中でも、お客が面会に訪ねてきたら笑いを忘れず
そして、好きなお酒とたばこも、やめなかった。

「おそ松くん」に「天才バカボン」、「ひみつのアッコちゃん」・・・
数々の笑いやギャグ、おもしろカワイイ、ヘンテコキャラクターを次から次へと生み出し
お茶の間に温かい空気を運んでくれた。

子どもの頃、学校で嫌なことがあったり、親に叱られたり、毎日がつまらなかったり
そんな時、テレビをつけると
“これでいいのだあ~”
バカボンのパパがテレビの向こうではしゃいでいた。
沈んだ心もだんだん明るくなって
「まあいいや」と、思えたものです。

幼いあの頃、こういうTVアニメが無かったら
日々の言いようのない不安な心を、どうやって癒すことができたでしょうか…
そう思うと、感謝せずにはいられないくらい、偲ばれるのです。

赤塚不二夫さんはA型。
何でもギャグにしてしまった人。
破天荒だったり、お茶目だったり、だらしなかったり、いい加減だったり、生意気だったり
でもなぜか、愛嬌のある、型破りなキャラクターをたくさん世に送り出してくれました。
離婚した前妻に保証人になってもらって再婚をしたりもしたそうで
アルコール依存症になってもガンになってもお酒をたいそう浴びていたそうで
赤塚さん自身も、相当に型破りな人生を送っていたようです。

一見、A型らしからぬ行動に見えるかもしれません。
表面だけを眺めると、B型のイメージを抱く人もいるかも。
けれど、その時々のエピソードをよく聞いてみると、まさに、A型そのものだったと感じます。

A型は、優等生で堅くて、常識人と思っている人が多い。
が、実はそれだけがA型の姿ではないのです。
確かに、社会において常識やルールを遵守しようとするのですが
そうした殻を、まとっているにすぎない自分自身から、抜け出したいと切望しているのもA型なのです。
もっと自由にならなければ!
こだわりを捨てなければ!
と、自分自身に、常に問いを投げかけているのがA型なのかもしれません。

A型がまとう殻は、何も生まれたときから付いているわけではなく。
産声をあげ、成長し、親や兄弟や、子供同士の関わりが増えるにつれ
そして、社会とい…