投稿

ラベル(B型)が付いた投稿を表示しています

映画「ウィンストンチャーチル/ヒトラーから世界を救った男」を血液型的に観てきました

イメージ
チャーチルB型説を推す理由 映画「ウィンストンチャーチル/ヒトラーから世界を救った男」(アカデミー主演男優賞受賞、メイクアップ賞受賞…/作品賞ノミネート…)が日本で上映されたので観てきました。
チャーチルの血液型について、ネット上でO型という情報もあるようですが、確かなことは判っていません。 能見正比古・俊賢は、両者とも、「B型だろう」と予測していましたが、歴史に疎い私も、映画で観るなら何とかついていけるかもしれないと思い、上映初日、早速映画館に足を運んだ次第です。それに今回、この映画はアカデミー賞主演男優賞受賞、作品賞ノミネートなど、欧米諸国で高く評価されていると聞き、それなりに実像に忠実に描かれている可能性が高いかもしれない、とも思いました。
さて、ウィンストン・チャーチルという男。 第二次世界大戦時に英国首相として君臨し、その名を世界中に轟かせた男であります。 戦後70年経った今現在、若い世代にとってはそれほど関心のない人物かもしれませんが、戦時中そして戦争の名残を知る人たちにとっては、マッカーサーと並んで、あのヒトラーを倒した男として、よく知られる人物であったのでした。
ゲイリー・オールドマンの演技に見る、いかにもB型的挙動 映画を観ての結論を言うと、チャーチルはB型ではないかと、私も2人の師匠と同じように思いました。 この映画では、第二次世界大戦最中、チャーチルが首相に任命されるところから間もない数週間に焦点を当てています。 ヒトラー率いる独国がヨーロッパ全土を征服するかの危機を目前に、英国議会は融和政策を推進しているチェンバレン首相の退任を図り、その後任にチャーチルを推します。 「誰を首相に任命するか?」「まさか、あの男に?」 既に65歳になっていたチャーチルは、軍歴、政治経験をそれなりに持つ人物でしたが、周囲からは「あいつか…」と危惧されるような、しかし「あいつしかいない…」と思われるような、誰もが認める異端児だったのです。
映画の中で、チャーチルが国王と会食をする場面がありますが、チャーチルが自身のことを「私は嫌われているのです」と言います。それに対して国王は「君が恐れさせているからではないのか」と問います。国王は、チャーチルが人を恐れさせる理由を、「何を言い出すか、何をしでかすか分からないからだ」といいます。 チャーチルがもしO型なら…政治家を目…

平昌オリンピックを血液型であれこれ~フィギュアスケート

イメージ
これだけB型が勢ぞろいするにはやっぱりワケがある? それにしても、羽生結弦選手の再生大復活劇は快挙でした。こんなにも人々を喜ばせて、気持ち良くしてくれるとは…。きっとこういう人をスーパースターと呼ぶのでしょう。
そして並んでその存在感を示してくれたのは、宇野昌磨選手です。
フィギュアで日本人が2人並んで表彰台に立つのは史上初だそうですが、2人並んで血液型がB型だというのも、ちょっと珍しい現象かもしれません。
「フィギュアスケート界はB型が多いの?」 それはここ数年、ずっと私の頭の中をめぐっていた問いでした。 男子だけではありません。その活躍がまだ記憶に新しい浅田真央さんも、そして現在、期待の大きい宮原知子選手もやはりB型なのです。
ここで、過去現在のフィギュアスケート選手の血液型を整理してみます。 以下はこれまでに国際大会においてメダルを受賞した選手の表です。

●40名のうち血液型判明者は30名 O型=9名(30%) A型=8名(26.7%) B型=10名(33%) AB型=3名(10%)
●オリンピック出場者 O型=5名(メダル1名) A型=5名(メダル1名) B型=8名(メダル4名) AB型=2名(メダル0名) 不明者=1名
不明者が10名いますので正確な数値を打ち出すことはできませんが、日本人平均(O≒31%,A≒39%,B≒21%,AB≒9%)と比較すれば、A型が少なく、B型が多いというのは歴然としています。 そしてオリンピック出場者のみで見ると、21名のうち8名(約4割)がB型で、更にはメダル獲得者6名のうち4名がB型なのです。 現在、フィギュアスケーターがどのくらいいるのかは分かりませんが、現状を見る限り、少なくも上位に上がってくる選手たちは、明らかにB型が多いということが言えそうです。
なぜだろう? まず血液型特性から言えるのは、心身ともにある持ち味の柔軟性があげられます。 体の柔らかさというのは、小さい頃から訓練すれば、ある程度はどの血液型もかなうと思うし、もちろん訓練しなければB型でも硬い人はたくさんいるわけですが、同じ訓練をした場合、B型の体質はだいぶ柔軟性を発揮させることが出来るようなのです。 分かり易く「柔軟性」という表現をしたのですが、もっとピッタリする表現をするなら「しなやかさ」です。

浅田真央さんや羽生選手の動きを観ていると、芯があ…

赤穂浪士、大石内蔵助の血液型は何型か?

イメージ
大石内蔵助の血液型は?俳優さんの演技で予測してみる
赤穂浪士といえば年の暮れの話題。年明け早々の記事としては、少々季節外れになってしまうのですが、昨年末にたまたま再放送や昔のビデオを観る機会があり、大石内蔵助の血液型が気になったのです。

血液型が判明していない人物について、血液型をあれこれ予測分析するのが得意でないので、当ててやろうなんて気概は全くないのですが、そういえば、大石内蔵助はいろいろな俳優さんが演じているんだなと思い、俳優さんの血液型の違いで、演じ方も違うんだろうなと思ったわけです。

「赤穂浪士」「忠臣蔵」をテーマにした作品は、数えきれないほどあります。
”忠臣蔵を愛してやまない”という漫画家・もりいくすおさんが、ファンサイトを作って下さっているので参考にさせて頂いたのですが、最近の作品はコミカルなものやパロディっぽいものも多いようです。
以前は、「師走といえば”忠臣蔵”!」「今度は嫌われ役の吉良を誰が演じるか!?」なんてことが話題になったものですが、21世紀になった頃から、あまり聞きませんね。
さすがにもう、時代遅れなんでしょうね。
ここではとりあえず、オーソドックスな作品に出演している大石内蔵助役を書き出してみました。

中村勘三郎(O)
三船敏郎(O)
北大子欣也(A)
松方弘樹(A)
里見浩太郎(A)
宇津井健(A)
萬屋錦之助(A)
長谷川一夫(A)
高倉健(B)
平幹二朗(B)
松本幸四郎 九代目(B)
高橋英樹(B)
緒形拳(B)
山村聰(A?AB?)

すると、どうやらA型が多いんですね。
「忠義の為に!」というのがテーマとなると、やはりA型が適役なのか、という気もしてきます。
しかし案外、B型の役者さんも多いんですね。
O型は意外に少なくて、AB型に至っては居ないのかもと思いきや、山村聰さんが、あるいはAB型かもしれません。(WikipediaではAB型となっています)

私はもちろん、リストにあげた俳優さんが出演している作品全部を観たわけではないのですが、彼らが演じる大石内蔵助がどんな感じかを想像してみることにします。

主君の仇を討つという忠義と悲壮感を演じるとしたら、やはりA型の右に出る者はないかもしれません。
そして武士としての所作や家老の貫禄を、いかにもカッコ良く決めるのも、A型の得意とするところ。
中でも私が、その演技にいたく感動し…

Terima Kashi ! インドネシア2017年 Vol.5

イメージ
カリマンタン島で一番大きな街サマリンダでA型&B型の最強コンビに遭遇! サマリンダはカリマンタン島で最も賑やかな街です。
市街の中心には巨大なイスラムの聖堂があり、大きなモール、カラフルで立派な家々が建ち並びます。
この市の中心には海のようにも見える大きな川(マカハム川)が流れています。

ここでのゼミはB型プラノオ(ニックネームしか分からない)さんとA型ヘレンさんの、2人の協力で行われました。
彼らはビジネスパートナーだそうで、するとA型×B型の最強コンビということになりますね!
AとB、お互いの力を分かち合った時、非常に優れたプロジェクトが成し遂げられることは、日本においてもたくさんの成功例があります。
B型プラノオさんは幼稚園から大学までのさまざまな先生方のために、ユニークなコミュニティを作っていて、楽しいイベントをいろいろ開催しているということです。

ゼミの前日に2人がホテルに訪ねて来ました。
エヴァさんはサマリンダでのゼミの準備を、彼らに全て委ねていたらしく、電話でやりとりしただけだったということで、この時初めて彼らと会うといいます。
ところがプラノオさんとエブァさん、さすがB型同士ですね~挨拶もそこそこに、直ぐに意気投合した様子。
さっそく大いに話が盛り上がり(会話の中身は全然分からないけどね)、瞬く間に、その場は笑いの渦が広がってゆきます。

プラノオさんは言います。
「明日はたくさんの先生方が来るよ。だから学校は休みだよ!」

サンガタやベンガロンのゼミの時もそうだったらしいのですが、ゼミに先生方がみーんな来てしまうので、学校が休みになっちゃうのだそうです。そしてここでも、やはり学校はお休みになっちゃったんですね…。(恐縮です)

さてそして、ゼミの当日です。
B型プラノオさんの司会で始まったゼミは、何だかとっても楽しい雰囲気♪
そのうちに、みんなでカワイイ歌なんかを歌い始めています。
「エー」とか、「ベー」とか、「オー」とか歌ってるから、たぶん血液型の歌のような気がするんだけど、そんな歌がインドネシアにあるの、、??
みんなで指文字なんか作って、大合唱なんですけど、これはいったい何だろう?

隣のホリさんを見ると、一緒に楽しそーに歌ってるけど…どうやら状況を通訳してくれそうには、ない…かも?(笑)
よく分からないけど、とっても楽しそ~。笑笑
とりあえず皆んなを真似て、私もやってみました。

後になっ…

ある日魅力が再燃した 田中角栄さん

イメージ
そういえば、昨年は、田中角栄さんが燃焼していたようです。
それで、田中角栄さんについて、書こう書こうと思っていながら、結局、失念していました。(だから今書く)

それにしても、再燃したきっかけは何だったのだろう?(石原慎太郎氏が小説を書いたから?没後20年だったから?)
テレビも見ない新聞も見ないという、大バカもんの私は、もはや世のブームについていけないどころか知ろうとさえしないという、始末に負えない状態なわけだけれど、それでも街なかで"田中角栄"という文字を見たり耳にしたりすると、ピクンと食指が動きます。

田中角栄さんが総理として在籍していたのは1972年-1974年(政治活動は1947年~)ということだから、現在の若い人たちは、彼が表舞台に立っていた姿をほとんど知らないのでしょう。
じゃあ、私は良く知っているぐらいの年齢なのか?というと、いや、そうでもないのです。
小学校3年生か、4年生か…。
政治なんて、丸っきり分からないし、興味の欠けらもありませんでした。

そんな私でも、田中角栄さんの、甲高い…けど、親しみ深いあの声とか、漫才みたいな、あの口調とか、やあやあと手をあげて現れる姿とか、思い出すだけで今にも目の前に現れそうなくらい、懐かしいのです。
あの頃日本人は、みんな田中角栄さんが好きだった…というか、それはもちろん、全員が好きだったわけでもないのでしょうが、嫌いな人でさえ、興味深々だったには違いないのです。
日本中が、田中角栄のエネルギーに包まれていたような感じだったのでした。
「ああ、この人なら日本も大丈夫だ」とさえ、思わせていたような気がします。
だから、親父とか父とか、呼ばれていたのでしょう。
日本の政界、百年に一人現れるかどうかという、スーパーヒーロー的な人気を博した、実に稀な総理だったわけです。

さて、ここまで書いて、田中角栄殿の血液型は何型だと思うでしょうか。

はい、そう「B型」でした。

親分タイプのB型(B型の場合"親方”という雰囲気になるが)ってどんな感じだろう?と思ったら、田中角栄さんを想像するのが良いかもしれないです。

ところが、総理就任2年目には金脈問題で総辞職。そして間もなくロッキード事件(汚職事件)が明るみになります。
問題が起こった当時、毎日がそのニュースばかり。
「まったく何でそんな事に…?」

最後までしなやかな強さを見せた浅田真央さん、お疲れさまでした!

イメージ
フィギアスケート選手の浅田真央さんが現役引退表明~ 真央さんのスケートとの出会いは5歳の時。
特例で出場した全日本選手権で3回転ジャンプを披露したのが小学校6年生。
その4年後には女子ジュニア史上初のトリプルアクセルを成功させ、以来「天才少女」として日本中の注目を集め続けてきました。

真央さんの血液型はB型です。





彼女の演技の最大の魅力は、その"しなやかさ"
それはまさに、氷の上を自在に舞い踊る妖精のよう、でもありました。
「どうしてあんなにクネクネと、身体がしなやかに動くのかしら?」
まるでオルゴール人形のようにクルクル回る少女の姿に、観る人々は釘付けになりました。

むろん、真央さんの功績の全ては、彼女のフィギアスケートへの情熱と命がけの努力の賜物なのですが、この”しなやかさ”は天性のものであり、神様からのギフトなのかもしれません。
そして血液型的視点で言えば、B型の体質的な特徴が顕著に現れているのだとも言えるのです。

血液型の、表面的に現れる性格行動のかずかずは、その体質的な特徴が源水にあります。
B型の人々が、根っからの自由人に見えたり、柔軟思考であったり、と言われるのも、実はこの「しなやかな体質的特徴」が元になっているのです。
真央さんの後を受け継ぐように現れた氷の妖精と言えば、羽生結弦さん。彼もまたB型であると知れば、そこには共通する”しなやかさ”があると、誰もが分かるのではないでしょうか。

それにしても、引退記者会見のつまらない質問の数々には、ちょっとがっかり。
普段はテレビを観ない私も、真央さんの晴れ姿を観たいがためにスイッチオンしたのですが、相も変わらず…。結局、真央さんの真の言葉を聞くことはできませんでしたよね。
(記者の方たち、血液型のことを少し学んだなら、もうちょっと的を得た質問ができるのにナ…)

ま、とはいえ、真央さんのB型的な様子をちょこちょこ垣間見れる場面もありました。

質問「過去に戻るとしたら?何て声をかけてあげる?」
真央さん「う~ん、過去には戻れないので…思いつかないです」
エライ!これはもう、B型らしい正直さで、爽やかにかわしました。
そもそもB型の人々に過去を偲ばせるのは邪道です。
彼らは、今に生き、未来に生きるタチなのですから。(それに当の本人、過去はあまりよく覚えていないでしょうし)

質問「生まれ変わ…

B型"泣き虫"愛ちゃんを日本国民は愛す

イメージ
【血液型で観る◇リオ五輪】卓球
涙が語る愛ちゃんの卓球人生
男子はオリンピック初のメダル!男女共に頑張ってくれました!

選手リストは次のようになります。
(男子)
水谷隼(B) ※銅メダル獲得!
丹羽孝希(?)
吉村真晴(?)
団体戦 銀メダル獲得!

(女子)
福原愛(B) ※ベスト4
石川佳純(O)
伊藤美誠(O)
団体戦 銅メダル獲得!


卓球競技がオリンピック種目になったのは1988年のソウルオリンピックからということなので
それほど古くはないのですね。
とにかく、中国は卓球を国技としているだけあって、強いです。

そして、注目の愛ちゃん!
3位決定戦まで進み、日本の皆を楽しませてくれました。

でもきっと、「ああ、愛ちゃんに今度こそメダルを取らせてあげたかったなぁ」と、
日本の人たちはみんな思っていましたね。
だって愛ちゃんが4歳の頃から、私たちず~っと応援してるんだもの。
”娘がこんなに卓球を愛して頑張ってきたんだから、何とかしてやりたい!”
という親心に似た気持で応援している人も多かっただろうと思います。
愛ちゃんも今回は、メダルを日本の人々に、どんなに掲げたかったことでしょう。

でもいいのです。愛ちゃんの功績はスゴイのです。
あなたが卓球界に作った道筋に、石川選手や伊藤選手のような楽しみな若い選手がどんどん育ちました。
男子卓球が盛り上がってきたのも、おそらく愛ちゃんの活躍が機動力になったに違いありません。

そうです。これまでも、道なきところに道を作ってきたB型さんがたくさん居ました。
そういうB型は、自分の好きなことに夢中で進んでいるうちに、いつの間にか開拓者になっていたのです。

B型は数がお好き?

イメージ
B型が数が好き、といっても、だからB型は数学が得意!ということでもないのです。
彼らが惹かれるのは、数そのものより、『記号』なのだとも思われます。
もちろん、数に惹かれるなら、数を扱う分野を好きになる確率は高くなるでしょうね。
それら詳しい事は、今後の研究課題です。






(以下は、子どもの観察記録より、以前寄稿したコラムから抜粋したものです。)


私の幼なじみの友人の、B型の男の子、Sくんが3歳の頃の話です。
彼もやっぱり数が大好きなんです。
保育園では先生が子どもたちに絵本を読んでくれたりしますが、他の子は先生のお話や、絵本に描いてある絵を見てワイワイ楽しそうにしています。
ところが彼の場合、絵本の隅にふってあるページの数字に興味があるらしく「あっ、これ、に(2)だあ!」なんて、ひとりはしゃいで喜んでいるんだそうです。
「Sくんは、他の子と興味を持つとこが違うものねぇ…」
保母さんたちが苦笑いしているそうなのですが、でも、お母さんの方もB型なので、子どもの興味の向くままに、むしろそんな変わりモンぶりを面白がっています。

私も何度か彼に会いましたが、実にユニークな子で、彼の行動のそこかしこに見えるB型性には、改めて驚いたり感心したり!
あるとき、「いくつ?」って歳を聞いてみたんですが、「88才!」って、元気に答えてくれました。
もう一度聞くと今度は、「91才!」ですって。
どんどん増えていきます。
まだ100以上は数えられないそうだけど、そのうち天文学的な数字に発展していくんじゃないかと思います。
でも、お母さんの歳を聞いたら、何度聞いても「24才!」と答えるんです。
お母さんは私と同級生だから、そんなはずはないんですけどね。
私の友人、ここだけは、しっかり押さえたようです。

それから、こんなエピソードも聞きました。
ある日、彼女がSくんを叱ったそうです。
「そんな我侭言うなら、明日まで口きいてあげない!」
するとSくんは、必死に迫ったそうです。
「えー、明日までって、何時何分?ねえ、何時何分までなの!?」

Sくんの、最近の興味は『四字熟語』だそうです。
これも一種の記号なのでしょうか?

さてさて、Sくんの数へのこだわりは、今後どんな展開を見せるのでしょう?
とても楽しみです。

Wサッカー日本代表(血液型構成)

サッカーワールドカップまで、あと3日となりました。 先日、女性自身(光文社/6.24号,P179)さんから取材を受けたので、記事の内容にちょっとだけ補足しておこうと思います。
巷では、「今回の選手にB型が少ないのでは?」と言われているそうですが たしかに数字で表すと、【O型34%、A型39%、B型13%、AB型13%】となり 記事にもそのように書いて下さいましたが、チームワークを重視する時には、どうしてもB型が少なめになります。
ザッケローニ監督の性質や発言を聞いていると、日本チームの良さを引き出すにはチームワークだということを、少なからず考えているだろうと、私は想像します。
だとすれば、B型の少なさは問題ではないし、そもそも 大舞台に強いB型は、他のタイプの2~3倍パワーがあると思って良い。 ただし、技能と肝っ玉に特に優れたB型をキーマンに置いておくことは案外重要ではあります。 柿谷選手がそういう活躍をしてくれるとイイのですが。
それで尚、B型の少なさがチームにマイナスな影響を与えることがあるとすると。 O型の元気が少し抑えられる可能性があるということです。 O型とB型が組むことで、チームに勢いというか活気が強まるのです。
一方、O型はA型と組むと、少々パワーが押さえられぎみに向かう可能性はあります。
サッカーについては私自身が勉強不足で 選手一人一人のキャラクターについてあまり言えなくて申し訳ないです。

[日本代表メンバーの血液型] GK川島永嗣O型西川周作AB型権田修一A型DF今野泰幸A型伊野波雅彦B型長友佑都O型森重真人A型内田篤人O型吉田麻也O型MF酒井宏樹A型酒井高徳A型遠藤保仁

さすがB型、斬新なご意見です

ある日の午後... A型(男女)2人と、B型(男女)2人と、私AB型が、雑談していたときのこと
A型男性が、ネットの話題をみんなになげかけてきました>> 「小学校一年生の担任教師が自分の子どもの入学式を理由に
自分の学校の入学式を欠席父兄が激怒...とあるけど、どう思う?」
さて、みんなの反応は?
===== A型女子>> 「それってさ、あとあとまでしこりが残るよね。
生徒の信頼無くしちゃうんじゃない?」
(私の心の声...) おお、さすかA型さん! まだ成人式終えたばかりの若さというのにねえ
そういうあとあとのことを考えたり、先を見通したり、それがA型さんの緻密さですよね
するとB型の女子が...>> 「っていうかさあ、最初から分かってたことなんだから
校長に相談するとか、なんか対応策なかったのかな?」
(私の心の声) ふう〜ん、なるほどね、やっぱりB型さん...切り口が違うよね〜
で、つい突っ込みたくなった私>> 「.....でも、対応策って!?」
B型女子>> 「入学式をズラしてもらうとかさあ」
(私の心の声) おお!斬新な意見だわ。 他の血液型では考えつかない発想ですよね まさか自分の都合の為に式典の日程変更してくれるなんて、思いもよらないです ああ、でもこの、あり得ないB型の発想が、世の中に新しいことを産むんですよね
貴重だわ、素晴らしい!
A型男子>> 「じゃあ、市川さんならどうする?」
ああ、ハイハイ、聞いてるだけじゃなくて答えろよ、ですよね
「そーねー。私は仕事を優先するだろうなあ。
...ああ、でもねえ、子どものためにどうしても必要ならそっちに行くかもね
うーん、その時の状況によるな」
(私の心の声) ...自分でいうのもなんだけど、これまたAB型らしい
いかにも優等生的な、どっちつかずの、つまらん回答ですなあ
A型男子>> 「ふうん、そうかあ、、、で、この問題って、重要かなあ?」
女子3人>> 「重要じゃないでしょ」 「どっちでもいいでしょ」 「ところで何でそんなこと言い出したの?」
A型男子>> 「いや、ネットが回答求めてんの」 B型女子>> 「回答すると何かもらえるの?」 A型男子>> 「いや、分からないけど、…

キャッチフレーズ

(過去の記事)
能見正比古氏の一番弟子だったのはMr.アンディというAB型のアメリカ人です。 彼が、それぞれの血液型にキャッチフレーズをつけてくれたことがあります。 走り書きのメモが見つかったので、ちょっとご紹介 !
●O型さん  Primordial [プライモジュアル] 最初の、根本的な、という意味です。 O型というのは、本当に人間の“根本”あるいは、“基”になる気質がストレートに備わっているようなのです。 血液型人間学を考える時も、まずO型を最初に見るようにしてみると、人間の行動の本質をとらえることができます。
●A型さん   Advance with Anchor [アドバンス・ウィズ・アンカー] 錨を備えて前進する人、、、とでも訳すのかな? A型の、殻を打ち破って前へ進もうとする気持と、それを制御する錨との綱引き、緊張感、あるいは、ジリジリと前進する、静かなる進軍という感じを表しているのでしょう。
●B型さん   De’ racine [デラシネ] なぜかB型だけフランス語になっていますね。 でも、『根なし草=デラシネ』という表現が、最もB型らしいのかもしれません。
●AB型さん   Angel and Beast [エンジェル・アンド・ビースト] そのまま訳してしまうと、天使と野獣になってしまうのですが、となりにDevil とも書いてあるので、きっと天使と悪魔という感じを表現しようと思ったのでしょう。ビーストも使い方によっては、『意地悪な人ね!』というような雰囲気で使うこともあるみたいなので、フレーズからしても、Angel and Beast の方がいいですね。 AB型の二面性を表現しています。
二面性というと「二重人格」と同一に思ってしまうことがありますが、深くは異なります。
詳細は能見正比古の本

は、悪魔と天使が共存しているようなところがあります。 社会的舞台の上でお付き合いをしているには、ほとんどはエンジェル側の面を見せるでしょうから、気づかれないことが多いかもしれません。しかし、ちょっと親しくなると、小悪魔ぶりをチラチラ見せることになるんです。 と、言っても、それほど恐れる悪魔ではありませんよね。AB型さんは、根は平和主義。ただ、普段が、それはそれは、ソツなく相手に合わせ、にこやかだから、その落差に周囲は驚く、ということだと思います。
さて、皆さんも、面白いキャッチフレーズを思いついたら…